GDPRのコンプライアンスを実現する16ステップのデータガバナンス計画

ホワイトペーパー

2018年5月のGDPRの発効に伴い、データ統合アーキテクチャーにおける、データガバナンスの重要性が高まる可能性があります。

オンラインフォーム、ビジネスパートナー、社内のCRM/HRシステム、もしくは自社のデータレイクのいずれから得たデータであっても、EU域内の居住者の個人データはすべてGDPRの適用対象となります。強力なデータガバナンスプログラムを導入することで、コンプライアンスを実現するためのポリシー、標準、制御を獲得できます。

このホワイトペーパーの執筆者であるデータガバナンスの専門家、Sunil Soares氏は、コンプライアンスのための実践的アプローチとして以下のような方法を説明しています。

  • メタデータを使用して重要なデータ要素をデータセット全体にマッピングする
  • データスチュワードシップのワークフローにより説明責任を育成する
  • 同意とデータ主体の権利に関する規定に対応するために、ネイティブのデータ品質を持つデータレイクを確立する
  • 監査証跡とデータ系列によりデータを追跡・管理する

フォームに入力送信後、レポートをご覧いただくことができます。


ホワイトペーパー

当社によるお客様の個人情報の収集と利用について、当社におけるプライバシー保護とセキュリティについて、またお客様におけるデータ保護の権利については、当社のプライバシーポリシーをご確認ください。